Amazon物販

【Amazonアカウント乗っ取り】原因と対策、対処法を徹底解説

この記事は約 5 分で読めます。
97 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

近年、Amazonアカウントを乗っ取られる被害が多発しています。アカウントを乗っ取られると、Amazonに登録しているクレジットカードが不正利用される恐れがあります。

多くの人がAmazonで買い物をするようになった今、誰でも被害に遭う可能性はあります。

今回の記事では乗っ取りの原因から対処法までを解説していきますので、この記事を参考にできる対策をしておきましょう。

Amazonアカウント乗っ取りにあったとき

Amazonアカウント乗っ取りに気づくのは、Amazonアカウントに登録のEメールアドレス等を変更した際に配信されるメールです。

アカウントの登録情報の変更を行っていないのに以下のようなメールが届いた場合は、アカウント乗っ取りを疑ってください。

「アカウントに登録されているEメールアドレスを変更いたしました。」

乗っ取られるとログイン情報を変更されているため、アカウントに入ることもできなくなります。

Amazonアカウント乗っ取りに気づいた時の対処法

乗っ取りに気づいた時の対処法について解説していきます。

Amazonカスタマーサポートへ連絡する

Amazonカスタマーサービスセンターへ連絡します。

ページ下部のカスタマーサービスに連絡をクリック。

電話でのサポートが必要な方は、「こちらをクリックしてください。」をクリックしてください。

手順としては、

各種サービスを選択、

②下記項目を選択してください。

[問い合わせ内容]:セキュリティ、機能

[詳細内容]:アカウント

[さらに詳細を選択してください]:アカウントの閉鎖

 

を選択し

③電話をクリック

電話番号を入力し、今すぐ電話がほしいをクリックします。

Amazonから電話がかかってきますので、要件を伝えましょう。

特に確認したい内容はクレジットカードの不正利用ですので、カードの使用履歴を優先的に確認するようにしましょう。

一定期間アカウントはロックされ、Amazonでの調査が終わり次第メールが送信されます。

パスワードを改めて登録する流れになります。

再設定後、購入履歴やアカウント情報を確認しておくようにしましょう。

カスタマーサービスに連絡後は、Amazonアカウントに登録しているクレジットカード会社にも連絡しておくことをおすすめします。

クレジットカード会社へ連絡する

クレジットカード会社に電話連絡をし、購入履歴の確認や念の為利用の停止をしておきましょう。

実際に不正利用があった場合はクレジットカードの再発行をするようにしましょう。

では次は、そのアカウント乗っ取りがどのような手口で行われるのか見ていきます。

Amazonアカウント乗っ取りの原因

フィッシングメール

まずはフィッシングメールです。

フィッシングメールとは、なりすましメールなどを介してIDやパスワードといった個人情報を窃取する詐欺メールのことです。

以下のような内容があります。
Amazon.co.jpヘルプ&カスタマーサービス

Amazonから個人情報をEメールで要求するようなことはありません。
このような内容のメールを受け取ってもリンクや添付ファイルにアクセスしないようにしましょう。

また、Amazonが使用する差出人Eメールアドレスは以下になっています。
怪しいメールが届いた際は差出人Eメールアドレスを確認してみてください。

アカウントログイン情報の使い回し

他の原因としては、アカウントログイン情報の使い回しがあります。

Amazonだけに限りませんが、他のwebサイトで同じログイン情報を使い回していると、芋づる式に被害が広がる可能性がありますので注意が必要です。

では最後に、Amazonアカウント乗っ取りに遭わないための対策をご紹介します。

Amazonアカウント乗っ取りに遭わないための対策

アカウントログイン情報を使い回さない

アカウントログイン情報の使い回しは芋づる式に被害を受ける可能性がありますので、避けた方が無難です。

各サイトごとのパスワード設定がおすすめです。

アカウント情報の保管方法に注意する

設定したアカウントログイン情報は適切に管理することが重要です。

ネットワーク上での保存よりも手書きのメモ等アナログに保管することによりリスクを減らすことができます。

ウイルス対策ソフトを使用する

フィッシングメール等への対策としては、ウイルス対策ソフトを導入することがおすすめです。有害な可能性のあるメールが区別され安全性が高まります。

2段階認証を設定する

Amazonの推奨する対策としては、2段階認証の設定です。

2段階認証とは、パスワードの入力に加えてSNSに届くコードを入力しないとログインできないシステムです。

アカウントのログインセキュリティを強化する機能ですので、是非設定しておきましょう。

まとめ

Amazonアカウント乗っ取りについて、原因と対策、対処法を解説してきました。いかがだったでしょうか。

Amazonアカウント乗っ取りは、Amazonからのアカウント登録情報変更メールで気づきます。

乗っ取られた場合は、

・Amazonカスタマーサポートへ連絡して購入履歴等調査を確認する。

・クレジットカード会社へ連絡して購入履歴の確認と一時的な利用停止を依頼します。

 

乗っ取りの原因としては、

フィッシングメールやアカウントログイン情報の使い回しによる個人情報窃取が考えられます。

乗っ取りに遭わないためには、


1サイト1アカウントの徹底とウイルスソフトの導入、2段階認証の設定を行ってください。

また、怪しいメールは開かないことも対策として有効です。

そして、乗っ取りに遭った際は迅速な行動が大切です。

誰もが被害に遭う可能性はあります。

今回紹介した対策や対処方法を参考に実践して身を守りましょう。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*