せどり

【最新版】Amazon真贋調査とは?対策と解決方法をご紹介

この記事は約 6 分で読めます。
117 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Amazonからこんなメールがくることがあります。

「出品者様は、真贋の疑いの可能性がある商品を出品しています。」

真贋(しんがん)調査。真贋とは「本物か偽物か」という意味の言葉です。
つまり、出品した商品が本物かどうかをAmazonが調査することを指します。

突然こういったメールが来ても慌てることのないように、この記事を参考に事前対策をしておいてくださいね。

Amazon真贋調査とは

Amazon真贋調査とは、出品している商品が本物かどうかをAmazonが調査することを言います。

具合的には、Amazonから次のようなメールが送られてきて調査が開始されます。

このたび、商標を侵害している可能性があるという申し立てを権利者から受けましたので、出品者様の出品を一部削除させていただきました。

この措置がとられた理由
1つ以上の出品商品の真贋に関する報告が権利者から届きましたので、ご連絡いたしました。他者の知的財産権を侵害するコンテンツの掲載は、当サイトのポリシーに違反します。

このたび出品者様より発送された商品について、購入者より寄せられた商品の信憑性に関するご連絡を調査した結果、出品者様の出品をキャンセルさせていただきました。

このメッセージを受け取った理由
安心してお買い物をしていただくために、Amazonは「商品の真贋に関するご連絡」を重く受け止めております。Amazonでは、偽造商品の販売は固く禁じられています。

また、以下のような場合もあります。

本Eメールの末尾に記載された商品について、購入者から問題に関するご連絡が寄せられました。出品者様の商品は、現在も出品中です。

このメッセージが届いた理由?
出品者様の商品の購入者から、以下の商品について、中古の疑いがあるというご連絡を受けています。

真贋調査が入る原因

真贋調査が入る原因は主に3つです。

メーカーからのクレーム

商標を侵害している可能性があるという申し立てを権利者から受けました。」

このように、メーカーから知的財産権の侵害へのクレームから真贋調査になることがあります。

購入者からのクレーム

「購入者より寄せられた商品の信憑性に関するご連絡を調査した結果、出品者様の出品をキャンセルさせていただきました。」

購入者からのクレームのパターンです。

ランダムピックアップ

1.で紹介したメールのようなケースの他、Amazonがランダムに出品者をピックアップして真贋調査することがあります。

この場合は3商品が対象になることが多く、アカウント停止やアカウント閉鎖を伴っていることが多いです。

特に年末近く、新規セラーが対象になることが多く見受けられます。

真贋調査時の対応方法

Amazonからの真贋調査通知メールには、対処方法が記載されています。

出品を再開する方法
商品を再出品するには、以下を提出してください。
出品者様の商品が合法であることを示す、メーカーまたは権利者からの請求書、許可書またはライセンス契約。
出品を再開する方法
出品を再開するには、本Eメールの末尾に記載されているASINについて、仕入れ先から発行された過去365日以内の請求書または領収書の写しをご提供ください。
それらの書類は、過去365日以内の出品者様の販売数と対応している必要があります。
出品者様の商品は現在も出品中ですが、アカウントヘルスダッシュボードに表示されているこれらの違反を削除するために、本Eメールの末尾に記載されているASINについて次の情報をご提供ください。

パフォーマンス改善計画には以下の点を記載します。

商品の状態または説明についての問題に関するご連絡が発生した要因(複数可)。
商品の状態または説明についての問題に関するご連絡が今後発生しないようにするために講じた対策。

改善計画を作成する際は、次の点をご確認ください。

仕入れ先:新品のコンディションの商品を販売している、信頼できる仕入れ先から商品を調達しているか?

出品情報:Amazonでの商品説明は正確か。説明にあいまいさがなく、購入者に十分な情報が伝わるようになっているか。

梱包:商品がAmazonに掲載されているとおりに元の包装を維持しているか。

発送:適切な手順で品質チェックを実施し、商品の保管、梱包、発送が適切であること、および配送時に破損することがない状態になっていることが確認されているか。

問題点を正確に把握するために、購入者からの連絡、レビュー、フィードバックの内容を再度確認する。

改善計画はできる限り具体的に記載する。

改善計画は特定の注文に関する問題に限定しない。

以下に記載したASINについて、過去365日以内に仕入れ先から発行された請求書または領収書のコピー

調査対象商品の請求書領収書の写しの提出

まず必要なのは、対象商品の仕入れ先からの請求書または領収書です。

これらには、仕入れ先の連絡先情報(名前、電話番号、住所、ウェブサイトを含む)が記載されている必要があります。

書類のスクリーンショットはNGですが、ネットショップから仕入れの場合、購入証明や領収書の画面からの印刷→PDFで証明できたケースもあります。

改善計画書の提出

請求書や領収書の他にパフォーマンス改善計画を求められた場合には、改善計画を作成する必要があります。

改善計画は、できる限り詳しく書くことを求められます。

特に、問題が発生した要因や今後の対策については詳細に書くようにしてください。

思い当たらない場合でも、「もし、要因があるとしたら」という視点で複数作成することをおすすめします。

真贋調査への対策

審査時Amazonから要求されることから、事前対策できるのは次の2点になります。

仕入れ商品の請求書または領収書の保管

仕入れ先からの請求書または領収書の保管はしっかりとしておきましょう。

ただし、その書類に商品名や個数、仕入れ先の連絡先が記載されていることを徹底してください。
手書きの領収書では明細が記載されていませんので証明にならない場合があります。

商品管理の徹底

購入者のクレームから発生することもありますので、検品はじめ商品管理の徹底は必要です。

新品の開封痕や以前のユーザーデータが含まれているような場合はもちろん、商品箱の傷や汚れ、擦り傷等でも疑われることがありますので注意が必要です。

まとめ

以上、Amazon真贋調査について解説しました。いかがだったでしょうか。

Amazonからのメール通知で知らされて、商品が本物かどうかを審査される真贋調査。

原因はとしては以下の3つがあります。

・購入者からのクレーム
・メーカーからのクレーム
・ランダムピックアップ

解決には、そのメールに記載されている通りの書類の提出が必要です。
主には、仕入れ先からの請求書または領収書。改善計画が必要な場合もあります。

慌てることなく、Amazonの要求に応える対応をしていきましょう。

事前にできる対策としては、請求書や領収書の保管と日々の商品管理の徹底です。

この記事を参考に事前にできる対策はしておいてくださいね。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*