せどり

電脳せどりで必須のツール|keepaとデルタトレーサーを徹底比較

この記事は約 6 分で読めます。
131 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

電脳せどりを始めてリサーチするも、やってもやっても利益商品が見つからない。
といったことはありませんか?

電脳せどりのリサーチは、闇雲にするのではなく、ツールを利用して効率化を図ることが非常に重要です。

おすすめのツールについては、こちらの記事で紹介していますので参考にしてください。

今回は、おすすめの中でも特に抑えておきたい「keepa」と「デルタトレーサー」を徹底比較します!

この記事を参考に自分に合ったツールを見つけてもらえれば幸いです。

絶対抑えておきたい電脳せどりツール

せどりの仕入れリサーチに「モノレート」を使っていた人は多いかと思います。

モノレートは2020年6月に閉鎖しましたので、その代替ツールとしては「keepa」と「デルタトレーサー」を特におすすめします。

できることとしてはどちらも違いはありません。

keepaとデルタトレーサーを使ってできること

 

・価格変動の確認

・売れ筋ランキング推移の確認

ではどんな違いはあるのかを見ていきましょう。

デルタトレーサー(NEWTYPE DELTA TRACER)

まずは、デルタトレーサー

元々無料で使えていましたが、NEWTYPEデルタトレーサーとして有料版となっています。
デルタトレーサー公式サイト

月額2,200円でWEB、アプリケーション、Google Chrome拡張機能で効率的なリサーチをサポートしてくれます。

国内ツールで日本語対応しているのでわかりやすい

売れ行きが数字で表示されているので、初心者でも仕入れ判断がしやすい

のが特徴です。

keepa

次にkeepaです。

keepaには、無料版もありますが、仕入れ判断として利用するには、月額15ユーロ(約1,900円)かかりますが有料版に登録することをおすすめします。

無料版と有料版の違いをグラフで表すと、

無料版は価格推移が表示されます。

それに比べて、有料版は価格推移と売れ筋ランキングが表示されます。

売れ筋ランキングは、その商品が「いつ売れたか」の判断に必要なので、ぜひ有料版を登録しておいてください。

ツールごとの比較

 価格(月額)データ表示連携その他
デルタトレーサー2,200円数値表示各ネットショップ
ヤフショ
楽天
ヤフオク
ペイペイ
keepaグラフ表示
keepa15ユーロ
約1,900円
グラフ表示プライスター
せどりすとプレミアム
 

月額利用料は大きく変わりませんが、大きな違いはデータの表示方法になります。

デルタトレーサーは数字で表示され、

keepaは折れ線グラフで表示されます。

↓表示の違い

「デルタトレーサー」はkeepaと連携しており、keepaのグラフを確認することもできます。(keepaとの有料契約は必要ありません。)

keepa」には、「keezon」という拡張機能を追加することで、デルタトレーサーと同じようなデータ表示がされるようにもなります。

keezonの使い方はこちらの記事を参考にしてください。

ツールの使い方

デルタトレーサー

デルタトレーサー公式サイトから登録をし、ログインします。

ASINやJAN、キーワードで検索します。

・商品タイトル
・JANコード
・ASIN
・商品カテゴリー
・Amazonランキング
・販売価格
・keepaグラフ

以上が表示される画面になります。

商品詳細ページに入ると、

・現在の出品状況
・直近販売個数

数字で表示されているので、ひと目で仕入れ価格の判断がつきます。

さらに、過去の販売価格・出品者数・ランキンググラフの表示があり、
過去「いつ、いくらで売れたか」も詳細に確認することができます。

この内容はテキストデータ表示もされています。
数字で表示されているので、初心者の方には見やすいですね。

さらに最下部にはkeepaのグラフも表示されます。
※keepaの有料に登録しておく必要はありません。

では次に、そのkeepaの使い方を見ていきます。

keepa

keepa公式サイト

keepaは無料版と有料版があり、その違いの主なところはグラフ表示の内容です。

無料版は、価格推移グラフのみ。

有料版は、価格推移グラフ+売れ筋ランキング

この売れ筋ランキンググラフは「いつ売れたか」の仕入れ判断に非常で重要ですので、是非有料版を登録するようにしてください。

keepaを登録すると、Amazonの商品ページ上にkeepaグラフが表示されます。

グラフをクリックすると、

・商品タイトル
・JANコード
・ASIN
・商品カテゴリー
等の商品情報と

・新品及び中古の価格推移
・売れ筋ランキング
がグラフ表示されます。

ここで、「いつ、いくらで売れたか」が確認することができます。

有料版に登録した上で拡張機能keezonを追加することで、デルタトレーサー同様のデータ表示もされるようになります。


デルタトレーサーの使い方はこちら
keepaに関する詳しい使い方はこちら
に記載していますので、参考にしてください。

 

keepaを使ったリサーチ法

まとめ

今回紹介した絶対おさえておきたい電脳せどりツールは2つです。

・デルタトレーサー

・keepa

どちらも有料で月額2,000円程度となっています。

・価格変動の確認
・売れ筋ランキング推移の確認

とできることは同じですが、表示方法に違いがあります。

・デルタトレーサーはデータ表示
・keepaはグラフ表示

ただ、「有料keepa」「keezon」という拡張機能を追加することで、デルタトレーサーと同じようにデータ表示されます。

デルタトレーサーは、ヤフショや楽天等各ネットショップに連携していますので、PCを使っての電脳せどりの多い方はリサーチに便利ですね。

また、keepaはプライスターせどりすとプレミアムというツールに連携させることができますので、スマホリサーチや、電脳だけでなく店舗せどりもする方には便利かと思います。

この記事を参考に自分のスタイルに合ったツールを選んで使ってみてくださいね!

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*