Amazon物販

Amazon物販で「知的財産権侵害の疑い」 の警告が!詳しい対処法を紹介

この記事は約 4 分で読めます。
111 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Amazon物販の取引規模が拡大していくと“知的財産権侵害の疑い”という警告を受ける場合があります。突然の通知に戸惑ってしまうかもしれませんが、アカウント停止などのリスクを避けるためにも、迅速かつ慎重に対処しなくてはなりません。

今回の記事では、Amazonで知的財産権侵害を指摘された場合の対処法を紹介します。知的財産権侵害を防ぐための注意点についても説明していますので、ぜひ参考にしてください。

“知的財産権侵害の疑い”とは?

Amazonで出品している商品に対して“知的財産権侵害の疑い”または“知的財産権に関する苦情”などの警告が来ることがあります。

知的財産権とは、特許権や著作権など権利の総称で、警告は出品した商品がこれらの権利を侵害した可能性があることを示します。例えば健康食品のような、メーカーが特許権を持ち、独占販売している商品を出品している場合です。

“知的財産権侵害の疑い”や“知的財産権に関する苦情”の警告に関しては、セラーセントラルの“アカウント健全ダッシュボード”でチェックすることが可能です。指摘された商品に知的財産権侵害の心当たりがない場合も、何らかの対処が必要となるため確認は怠らないようにしましょう。

Amazonで“知的財産権侵害の疑い”の警告が来たときの対処法

Amazonから知的財産権侵害の疑いをかけられた、もしくは権利所有者から申し立てが行なわれた場合は、どのように対処すればよいのでしょうか。

独占販売の商品を出品していた場合

メーカーやブランドとしては、人気商品を安価で流通させたくはないでしょう。しかし、Amazonでは一つの商品に対して“相乗り出品”ができるため、正規代理店以外の店舗が増えて、値下げ競争が起きる可能性があります。過剰に安売りされてしまうと、ブランドイメージの低下にもつながりかねません。

このようなデメリットを避けるため、メーカーやブランドによっては、正規代理店以外での販売を禁止しています。そして独占販売の商品をメーカーやブランドの許可なく販売していた場合、権利所有者から“知的財産権侵害”の申し立てをされる可能性があるのです。

もし、“知的財産権侵害の疑い”や“知的財産権に関する苦情”の通知が届いたら、速やかに対応を行ないましょう。

まず、知的財産権侵害に該当する商品の出品を停止、商品の削除を済ませ、権利所有者に対してメールを送ります。メールでは、今回の知的財産権侵害に関する謝罪を丁寧に伝えましょう。併せて、知的財産権侵害の申し立てを取り下げてもらえるよう依頼します。ただし、メーカーやブランドから必ず返信をもらえるわけではありません。

どちらの場合であっても、権利所有者に取り下げの依頼をした旨をAmazonにメールしておくとよいでしょう。

まったく心当たりがない場合は、異議申し立てを行なう

知的財産権侵害に心当たりがまったくない場合、Amazonや権利所有者の判断が誤っている可能性があるため、異議申し立てを行ないましょう。

ただし、やみくもに異議申し立てを行なうと、いわゆる“アカウントヘルス”が低下するおそれがあります。そのため、異議申し立てを行なうべきかどうかは、慎重に判断しなくてはなりません。

自身に少しでも非があるなら、警告に従い商品を速やかに削除するほうがよいでしょう。

Amazon物販で知的財産権侵害を防ぐために


ここでは、知的財産権侵害を防ぐためにできることを2つ紹介します。

1つは、出品する前に商標の情報を確認することです。商標の情報は、特許情報プラットフォーム“J-PlatPat”で検索すれば、簡単に取得できます。“J-PlatPat”は無料で利用できるので、活用してみてください。

特許情報プラットフォーム J-PlatPat

もう1つは、商品の出品者一覧を事前に確認して、出品者数から推測することです。例えば、需要の高い人気商品でありながら、出品者数が極端に少ない場合、メーカーやブランドの独占販売の商品である可能性が高いと考えられます。
そのような場合は、出品者のなかにメーカーや正規販売代理店が含まれていないか確認するとよいでしょう。

知的財産権を侵害すると、最悪の場合Amazonアカウントが停止・閉鎖され、今まで積み重ねてきた販売実績や評価も活用できなくなってしまいます。出品前にできる対策は行なっておき、できる限り知的財産権の侵害を未然に防ぐことが大切です。

まとめ

Amazonで物販ビジネスに取り組む以上、“知的財産権侵害の疑い”をかけられる可能性はゼロではありません。思いあたる点がない場合も、Amazonに連絡して対処法を確認することが重要です。

なお、知的財産権侵害の申し立てを無視して出品を続けると、Amazonアカウント停止・閉鎖という深刻な事態に陥ります。知的財産権侵害で販売のチャンスを失わないためにも、独占販売の商品でないか、商標として登録されていないか、しっかりとチェックしてみてください。

スキマ時間で始める副業Amazonビジネス

無料オンライン講座

副業初心者を応援する、
Amazonビジネスの
無料オンライン講座を開催中です。

スキマ時間を活用して副業が始められるとご好評をいただいています。

先着300名様限定 特別特典付き

ご登録いただいた方先着300名様に「複業
1年生が月10万収入を増やすためにまず読む本」
をプレゼント中です。

簡単登録!LINE友達追加で受講可能です。PC・スマホからお気軽にご参加ください。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*