海外輸出

【Amazon輸出】初心者でもできる海外で商品を販売するコツ

この記事は約 5 分で読めます。
82 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
【Amazon輸出】初心者でもできる海外で商品を販売するコツ

海外では、日本の高品質な製品が非常に人気です。相場も高い傾向にあります。
ですので、国内より海外の方が利益率が高いことが多いです。

ただそうは言っても海外で商品を販売するとなると、英語でのやりとりや配送、または返品の対応等なかなかハードルは高そうです。

でもAmazonなら、その心配はいりません。

世界中にあるAmazonFBAというシステムを利用し商品の注文管理や配送、現地のカスタマーサービスまでAmazonが代行してくれます。

また、Amazonの管理画面も日本語対応していますので、国内販売となんら変わらない形で販売することができます。

この記事では、海外Amazonで商品を販売するコツについて詳しく解説していきます。

個人ではハードルが高そうな輸出。

ですが「Amazon」という世界中にある大きな市場を利用することにより、日本国内にいても個人で手軽に「輸出」ができるようになりました。

Amazon輸出に必要なものや流れ、実際に商品を販売するコツを詳しくみていきましょう。

まずは、Amazon輸出を始めるのに必要なものを紹介します。

Amazon輸出を始めるのに必要なもの

国内Amazonとは少し違い、取引に業者を挟む必要もありますので注意して見てみてください。

クレジットカード

クレジットカード情報は、国内Amazonと同じように海外Amazon出品者アカウント作成時に必要です。

次に売上を受け取る銀行口座

日本の銀行口座

日本の口座情報は海外Amazonで販売した売上金を受け取るのに必要です。

ただ、海外から直接日本の口座に売上金を振り込むことはできません

海外代理口座

日本は、アメリカ海外口座送金サービスの対応国ではないため、対応国の銀行口座を開設する必要があります。

弊社ではこの送金サービスの代行はワールドファーストを推奨しています。

海外Amazonでの売上は代理口座に振り込まれ、代理口座から日本の口座へ資金移動を行って、海外で売れた商品の売上金を日本で受け取ることができます。

そして商品を販売する海外Amazonの出品アカウントが必要です。

海外Amazon出品アカウント

海外Amazonに出品するには海外Amazon出品アカウントの作成が必要です。

国内と同じようにクレジットカード情報や銀行口座情報の登録で簡単に作成はできます。

Amazon輸出を始めるのに準備するのは以上です。
揃ったら実際にAmazon輸出をスタートすることができるわけですが、その流れをみていきましょう。

Amazon輸出の流れ

商品を販売しますのでまず商品の仕入れを行います。

商品の仕入れ

海外では、日本の高品質な製品が非常に人気でよく売れます。
100円均一のDAISO商品もアメリカでは、$8程度で販売されていたりします。

商品を仕入れたら、海外Amazonに商品登録

商品登録

海外Amazonのセラーセントラルで商品登録をします。

梱包、発送

登録をした商品はダンボールに梱包、発送作業を行います。

海外への発送となるため、なるべく隙間を作らずに梱包することがポイントです。

梱包後、UGXAmazonFBA相乗りサービス等を利用しアメリカAmazonへ発送します。

商品が海外AmazonFBAに到着すると出品になります。

面倒な海外への発送もUGXのようなサービスを利用することで、国内で販売するのとほぼ変わらない作業だけで海外で自分の商品を販売することができます。

では、実際に販売する商品はどのように探せばいいのでしょうか。
仕入れリサーチのコツを見ていきましょう。

仕入れリサーチのコツ

国内Amazonでの仕入れリサーチはkeepa等のツールを利用することで、「売れているもの」「売れた価格」がわかります。
keepaの使い方

ですがそれは、海外Amazonリサーチには使えません。

では、海外で販売する商品の仕入れリサーチの際はどこを見ていくといいのでしょうか。

商品レビューとランキングを確認する

その商品が「売れてるのか」の指標は、Amazonの商品ページの「商品レビュー」「評価」「ランキング」を参照します。

☆の数及び評価数の多いもの=売れているものと判断します。

次に商品カテゴリーの中でのランキングも確認するようにしましょう。

では、「売れる商品」がわかったところで、そもそもその商品は販売が可能なのか?
販売できる商品と販売のコツをみていきましょう。

販売のコツ

海外で販売する商品は国内と違って取扱いに注意をしなければならない点があります。

新品商品での「保証」です。

新品保証が付くものは販売が難しい

国内で仕入れた新品は当然「メーカー保証書」が付属しています。
が、このメーカー保証は海外で受けることはできません。

ですので、基本的には保証のある新品商品に関しては、販売することができません。

ただ、そもそも保証のついていない商品もあります。

No Warranty商品を取り扱う

そもそも保証のついていない商品。

それが、「No Warranty」=無保証です。

新品ではこういった商品を仕入れリサーチしていきましょう。

最後に販売する際の価格については、日本国内と同じでPrimeに合わせていきます。

Prime価格に合わせる

やはり売れやすいのはPrime価格です。

ただ中古では、状態に種類がありますのでその状態でのPrime価格を参考に値付けを行うことをおすすめします。

まとめ

Amazon輸出、海外で商品を販売するコツをお伝えしてきました、いかがだったでしょうか。

Amazonの世界中での集客力やFBAでの注文管理や配送、カスタマーサービスまでの代行を利用することで、日本国内にいても海外で商品を販売することは手軽にできるようになりました。

販売するコツについては

仕入れリサーチの際、ツールを参考にできませんので
商品レビューや評価でその商品が「売れているのか」を確認します。

また、新品に関しては「保証」の問題がありますので
そもそも保証のつかない商品を仕入れて販売するようにしましょう。

Amazonは出品者管理ページを現在は日本語でも対応してくれています。

なので、言語の壁もありません。

個人でできるAmazon輸出ビジネス、ぜひこの機会に始めてみてくださいね!

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*