せどり

【中古カメラ転売】仕入れのチェックポイントと売れやすくする方法

この記事は約 5 分で読めます。
1,183 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

中古カメラ転売は利益率が高く、高単価な商品が多いので高利益が狙えるおすすめの商材です。

しかし、ただ扱えば売れていくわけではありません。

仕入れ時のチェックポイントや検品、販売する際に気をつけること等を知らないと赤字になってしまう、全然売れないといった事も発生します。

そんな中古カメラ、仕入れ時のチェックポイントと売れやすくする方法をまとめましたので是非チェックしてみてください。

中古カメラを仕入れる際は商品の状態や付属品をしっかり確認する

中古カメラといっても、カメラボディ・レンズ・バッテリー等の付属品等見るべきところが多くあり、難しそうに感じますよね。

どこを確認したらいいのかわからない。

そんな声もよく聞きます。

そこで今回は、仕入れの際から出品時までチェックするポイントを順番に解説していきますね。

まずは仕入れ時に確認するポイントから見ていきましょう。

仕入れ時のチェックポイントは

商品の状態と付属品

・カメラボディはペンタ部に傷やヘコミがないかどうか

ペンタ部はカメラの脳みそ。
ここに傷やヘコミがある場合は、正常に動作しない事もあるので注意して確認しましょう。

底部や側部のベタつきや傷は撮影に影響のない程度なら大丈夫です。

・レンズはカビ・クモリのないものを

レンズにカビ・クモリがある場合はジャンク品扱いとなりAmazonに出品することができません。

レンズを仕入れる際はレンズを除いて蛍光灯に向けるか、ライトを当てて確認しましょう。

・付属品は、購入後すぐに使用できる状態に

カメラボディを購入して、充電器が付属していなかったら・・・使用に困りますよね。

そんな風に「使用できる状態」を考えて付属品が付いているかどうかを確認して仕入れをしてください。

もし付いていない場合は、付属品のみ購入しても利益がとれそうなら、別途購入してもOKです。

付属品の型番は商品カタログを参考にすると出てきます。

カメラボディは、バッテリー・充電器・ボディキャップ

レンズは、前後キャップ・フードの付いている商品はフード

このあたりはおさえておきましょう。

また、これは輸出でのことですが、国内とは違って海外で販売する場合は注意点がありますので、こちらを参考にしてみてください。

さて確認して仕入れた商品ですが、このまま出品してすぐ売れるかというとそうではありません。

販売にも一工夫が必要です。

その一つが上記のような商品写真の添付。

商品写真の添付で売れやすくなる

中古品を販売する際に注意したいのは、商品の状態をお客様にわかっていただくこと。

自分が購入するとしたら、カメラ・レンズは比較的高価ですから、商品の状態はしっかりと確認した上で購入したいですよね。

そこで、その判断をするのがコンディション説明文と商品の写真

コンディション説明文には、商品の状態と付属品を記入。写真も添付してしっかりと商品の状態を見せるようにしましょう。

商品の撮影は、撮影ボックスを利用するときれいに撮ることができます。

商品の価値を最大限に高めるのは丁寧な清掃、点検、そして綺麗な商品写真

↑↑↑撮影ボックスの中で清掃、撮影している状態です。

ここまで大きくなくても構いませんが、あまり小さいと撮影しにくいので本格的に中古品を取り扱うのであれば、60cm角以上のものがおすすめです。

撮影ボックスの中に写っていますが、商品はやはりきれいに見せた方が購入してもらいやすくなります。

検品の際には簡易的にでも清掃をするようにしてみましょう。

簡易的な清掃で売れやすさアップ

清掃と言っても簡単で構いません。

この一手間をかけることでコンディション状態が、「可」から「非常に良い」に上がることもあります。

と言うことは、商品が高く売れるということですよね。

是非この一手間を惜しまずかけてみてください。

カメラの清掃セット

・アーマオール

・水の激落ちくん

・液体ミューズ

・ブロアー

・ブラシ

・スポンジの激落ちくん

・スポンジ

中古品をピカピカにする最強ツール

↑↑↑こちらでもお話していますが、カメラクリーニングキットアーマオール
このあたりだけでも十分ですが、必要に応じて液体ミューズ等レンズの溝部分に使用してみてください。

中古カメラ・レンズはしっかり磨いて価値を上げて出品しましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

中古カメラの仕入れ時のチェックポイントと、売れやすくするためのコツをお伝えしました。

仕入れ時は商品の外観と付属品をしっかりチェックしましょう。

カメラボディのペンタ部は要チェックです。

レンズはカビ・クモリに注意しましょう。

付属品は購入後すぐに使用できる状態にしておきましょう。

仕入れた商品は清掃をして商品価値を上げて、コンディション説明文と商品写真でしっかりと状態を見せる。
そうすることで購入していただきやすくなりますし、クレームもぐっと少なくなります。

ひと手間かかる中古カメラ転売ですが、そのひと手間をかけることにより、高利益が見込めますので是非今回の記事を参考にチャレンジしてみてくださいね!

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*