Amazon物販

【2021年】Amazonの出店方法を詳しく解説!出品用アカウントを作成するには?

この記事は約 5 分で読めます。
376 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Amazonの出店方法を詳しく解説

Amazonは抜群の知名度を誇る、集客力の高い通販サイトです。「インターネットショッピングといえばAmazon」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、Amazonでの購入方法を知っている人は多くても、出店方法を知っている人は少ないかもしれません。Amazonで出店をするなら、まずは出品者アカウントを登録することから始めてみましょう。

今回の記事では、Amazonに出品する前の準備から出品者アカウントの作成まで、一連の流れを詳しく紹介します。

Amazonに出品する前の準備

Amazonで物販を始めるなら、以下のものを事前に用意しておきましょう。

メールアドレス

ビジネス用のメールアドレスを作成します。Gmailのようなフリーメールでかまいません。

銀行口座

すでに銀行口座を持っている方も、ビジネス用の銀行口座を別に作っておきましょう。プライベート用の口座と分けておくことで、ビジネス上でのお金の動きをきちんと把握できるようになります。

物販ビジネスで使うなら、ジャパンネット銀行・楽天銀行のようなネット銀行がおすすめです。インターネット上による口座管理が可能で、スマートフォンアプリを使えばどこでも残高照会や送金作業が行なえます。

物販ビジネスで成功するためにも、金銭管理を徹底しましょう。

クレジットカード

クレジットカードは、大口出品の月額登録料の支払いに使用します。ビジネス用のクレジットカードを用意するのが望ましいですが、準備が難しいようなら、いったんプライベート用のカードを使用してもかまいません。デビットカードでも代用可能です。

クレジットカードを持っていれば、ショッピング枠を仕入れに使うことができます。さらには、仕入れをしながらクレジットカードのポイントを貯めることも可能です。ポイント還元率の高いクレジットカードを利用すれば、物販ビジネスで大量のポイントが獲得できるでしょう。

Amazon出品アカウント作成の流れ

Amazonで出品するためには、出品者アカウントを作って必要な情報を登録していかなくてはなりません。本章では、2021年1月時点での手続きの流れを解説します。

Amazonアカウントを作成する

Amazonで買い物をしたことがない場合は、Amazonアカウントを作成するところからスタートします。名前・Eメールアドレス・パスワードを入力すれば、簡単にアカウントが作成できます。

Amazon出品者アカウントを作成する

Amazonアカウントの作成ができたら、アカウントメニューから「アカウントサービス」へ進みます。そのページの下部に「その他のアカウント」という枠があるので、「出品サービスアカウント>さっそく始める」の順番で、出品用アカウントの登録画面に進みます。

事業所の所在地・業種を入力

事業所の所在地と業種を入力します。業種欄で「個人・個人事業主」を選択した場合、氏名はローマ字入力しかできません。

法人・個人に関する情報を入力

続いては、法人・個人に関する詳細な情報を入力していきます。

法人の場合は、「ビジネス情報(法人番号・会社住所など)」「主担当者の個人情報(国籍・出生国・生年月日・身分証情報など)の入力が必要です。

個人の場合は、「個人情報(国籍・出生国・身分証情報など)」の入力が求められます。身分証はパスポートまたは運転免許証を選択してください。

ワンタイムパスワードの取得

個人情報や会社情報を入力するページで、ワンタイムパスワードの取得方法を決める欄があり、そこでワンタイムパスワードの取得を行ないます。電話かSMSを登録して、本人確認を済ませてください。

なお、法人で登録する場合でも、個人の電話番号を利用して本人確認を行ないます。「主担当者」の欄には、本人確認を受ける人の名前を入力しておきましょう。

請求先情報・ストア情報を入力

支払い用のクレジットカード情報、出店するストアの情報など、必要な項目を埋めていきます。ここで登録したクレジットカードから、月額登録料が差し引かれます。

必要書類をアップロードする

顔写真付きの本人確認書類(パスポート・運転免許証)のうち、いずれか一つに加え、発行から180日以内の各種取引明細書(クレジットカードの利用明細など)をアップロード(提出)します。

画像やPDFデータをアップロードしますが、スクリーンショットや画像キャプチャは無効となりますのでご注意ください。審査結果は、3営業日を目安にEメールで届きます。

ビデオ面談が入る場合もある【2021年最新情報】

近年の傾向として、書類のアップロード後にビデオ面談が入る場合もあります。

2021年1月現在、ビデオ面談の対象者はランダムで選ばれるようですが、偽アカウントによる取引、詐欺まがいの商品や偽ブランド品の出品を防止するため、最終的には登録者全員がビデオ面談の対象になる可能性もあります。これからAmazon物販を始めたい、と考えている方は、ぜひ覚えておきましょう。

Amazonに商品を登録する

すでにAmazonで出品されている商品であれば、価格や在庫数を入力するだけで簡単に商品を登録可能です。

楽天市場のような通販サイトの場合は、店舗ページを作成する必要がありますが、Amazonでは自分の店舗を構える必要がありません。Amazonブランドを使って集客できるため、初心者でも比較的売りやすい通販サイトといえるでしょう。

まとめ

物販ビジネスを行なえる通販サイトは数多くありますが、そのなかでもAmazonは特に人気があるサイトです。商品数が圧倒的に多いこともあり、「インターネットショッピングならAmazonだ」と決めている人も存在します。物販ビジネスで利益を得ていくなら、ぜひAmazonへの出店を検討してみてください。

Amazon物販を続けていると、さまざまな疑問や課題が浮かび上がってくるものです。当サイトでは、物販ビジネスに関する初心者向けの情報を多数掲載しています。迷ったときにはぜひ参考にしてください。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*