Amazon物販

Amazon出品者が低評価を削除するには?手順や注意点を詳しく解説

この記事は約 4 分で読めます。
277 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Amazon物販低評価削除

Amazon物販では出品者に対して、星1〜星5の5段階で評価を付けられます。Amazon物販で利益を拡大していくためにも、購入者からの高評価を集めて、信頼される店舗に育てていきたいところです。

しかし、「理不尽な理由で低評価を付けられた」「商品に問題がないのに、出品者評価を星1にされた」などの理由から、低評価を削除したい気持ちになることもあるでしょう。

そこで今回は、Amazon物販における低評価の削除方法について、手順や注意点を説明します。

【Amazon物販】削除可能な評価コメントの条件

原則として、出品者に対するコメントがマイナスの内容であったとしても、Amazonの削除対象にはなりません。これは、マイナスのコメントを付けた購入者との間で問題が解決していたとしても同様です。

ただし、以下の条件に該当する場合は、出品者からの申請とAmazonの承認によって、削除される場合があります。

  • コメントの中にわいせつな言葉が含まれている場合
  • コメントの中に出品者の個人情報が含まれている場合
  • コメントが商品レビューに終始する場合
  • コメントの内容が、Amazonが提供する出荷方法およびカスタマーサービスに特化したものである場合

【Amazon物販】不当な低評価についても削除が可能

Amazon物販では、出品者側のミスや不手際で低評価を付けられるだけでなく、悪質な購入者やほかのセラー(出品者)から、理不尽な低評価を付けられるケースもあります。

出品者にまったく非がないなど、低評価が妥当でない場合は、Amazonへ削除依頼を出すことで対処が可能です。Amazon物販で不当な低評価をもらったときは、以下の手順で申請を行ないましょう。

◇Amazonに評価の削除依頼をする手順

まずは、Amazonセラーセントラルの「評価管理」に移動して、「最近の評価」の表をチェックします。その後、削除依頼をしたい評価のアクション列を選んで、「削除を依頼」をクリックしてください。

不当な低評価であることが認められれば、Amazon側で削除処理が行なわれます。削除対象の条件に当てはまっているなら、すぐに低評価を削除してもらえるでしょう。

Amazonに削除依頼をする際の注意点

低評価が付いてから90日以上経過すると、削除リクエスト自体を行なえなくなります。低評価の削除を希望しているなら、早めに削除依頼をしましょう。

なお、削除依頼は「評価管理」からのみ行なえます。ツールを利用したり、他の方法で削除依頼をしたりするのは避けてください。Amazonの指定する手順を守らなければ、アカウント停止になるおそれがあります。

【Amazon物販】評価の削除依頼が却下された場合の対処法

Amazonに低評価の削除依頼を出しても、Amazonの基準を満たしていなければ、削除は認められません。どうしても低評価を取り消したい場合は、購入者に直接連絡して、低評価の削除を依頼する方法もあります。

購入者に削除依頼のメッセージを送る手順

Amazonセラーセントラルから「注文」のドロップダウンメニューを選択し、「注文管理」に進みます。削除依頼の対象となる注文と、低評価を付けた購入者名を選択したら、「購入者に連絡する」をクリックしてください。

そして、メッセージテキストボックスに削除依頼の文章を入力して、購入者のEメール宛にメッセージを送信します。

購入者に削除依頼をする際の注意点

購入者にメッセージを送る場合は、削除依頼を快く受け入れてもらうためにも、終始丁寧な対応を心がけましょう。ただし、低評価の削除と引き換えに返金対応を行なったり、強制的に評価を削除させたりすると、Amazonの規約違反となるため注意が必要です。

購入者が出品者のサービスに満足できず低評価を付けた場合でも、丁寧な謝罪文とともに返金・返品対応を提案することで、印象が良くなるケースもあります。メッセージを送る際には、低評価の削除方法についてもわかりやすく説明し、購入者に調べる手間をかけさせないよう配慮しましょう。

もちろん、どれだけ丁寧なメッセージを送ったとしても、必ず削除依頼に応じてもらえるわけではありません。低評価をゼロにすることは難しいため、過度に気にする必要はないでしょう。

Amazon物販を利用する際は、過去の低評価に捉われすぎるのではなく、サービスの向上を重視して、高評価の獲得を安定させることが大切です。

まとめ

Amazonはフリマアプリやオークションのように、相互評価のシステムではありません。購入者が出品者に対して一方的に評価を付けるため、ときには単なる嫌がらせのためだけに低評価を付ける購入者も存在します。

低評価が不当なものであるなら、Amazonへの削除依頼により対処可能です。必要に応じて、購入者へのメッセージも活用しましょう。出品者評価の仕組みを理解して、高評価を得られる店舗を目指してみてください。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*